スペシャルティコーヒーとは スペシャルティコーヒーデカフェのアンカフェシュクレ株式会社 / コーヒー豆通販

UnCafeSucre..,LTD WEBSHOP

ログイン Mypage
 

電話でのお問い合わせ

03-6657-4073
0267-31-0976

 

 
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
 

スペシャルティコーヒーとは

スペシャルティコーヒーとは、グレード別にランキングされたコーヒーのうちのひとつで、
一般的なものはコマーシャルコーヒーと呼ばれ、
その更に上位に位置づけられているコーヒーのことです。

コーヒーのグレード

Cafe’Sucre’では、意欲的にこのスペシャルティコーヒーを取り入れています。
スペシャルティコーヒーだからこそのコーヒーの明るい酸味、風味、表情豊かな味わいを
たくさんのお客様に知っていただきたいと思っております。

スペシャルティコーヒーの定義

スペシャルティコーヒーは、
『消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、
消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。
際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
カップの中のコーヒーの風味が素晴らしい美味しさであるためには、
コーヒーの種子からカップに至るまでのすべての段階に於いて、一貫した体制・工程で品質向上策、品質管理が
徹底していることが必須である。』が定義となっています。

この概念が誕生したのは1980年代で、
それまでまずいと思われていたコーヒーの品質の向上、コーヒーの消費量低迷に歯止めをかけること、
適正価格での取引を目的に1982年にSCAA アメリカスペシャルティコーヒー協会が設立されました。
日本には日本スペシャルティコーヒー協会 SCAJがあります。
以来、スペシャルティコーヒーは発展を続けています。


スペシャルティコーヒーという言葉によって、携わる人々の意識に変化がおこり、
コーヒーの風味にたとえば「オレンジのような酸味」や「ベルベットのような口当たり」、「ジャスミンの花のような香り」など
まるでワインのようにコーヒーの味わいに明るいポジティブな印象の表現がつくようになりました。
また、生産された珈琲豆には欠点豆という品質の低下につながる豆が無いということも前提となり、
コーヒー生産国の生産者は農園の土、水、環境とコーヒーの栽培に関してとても意識が高まり、それらを厳しく管理し、
本当に美味しいコーヒーにする為の意欲が強くなりました。
スペシャルティコーヒーは生産者、買い付け業者、提供者、消費者がそれぞれで意識を高めるきっかけになり、そのすべてがコーヒー市場の高まりに繋がっているのです。

スペシャルティ珈琲一覧

ページトップへ